メタボ検診の内容について

2008年4月からメタボ検診が実施されるが、実際どういった検診を実践するかという内容についてはほとんど知られていない。

 

会社や地域でセミナーなどの解説会を開いて内容の解説を実践している所もあるようであるが、徹底とは程遠い状況である。
そこで、ここではメタボ検診の内容についてご解説したいと思う。
メタボ検診で検査するのは、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値の4項目である。
腹囲はお腹のサイズを測り、脂肪の量を大まかに掌握するために検査する。
血圧は生活慣例病である高血圧の診断を実践するために測定する。
血糖値も、糖尿病などの生活慣例病を診断する上で必須事項な指標なので、測定する。

 

 

コレステロール値は肥満や動脈硬化などの病気を診断するため、そして食生活の乱れを判断する材料として検査を実践する。
メタボ検診において、これらの項目で問題があると判断されたケースの場合、ドクターや保健士、または統制・管理栄養士といった専門家と面接を実践し、修正方法を一緒になって吟味(ぎんみ)するという流れになる。
これまでの健康診断は、結果が出ても「病院に実践してほしい」という申告書を送付するのみで、力強い勧告などはせず、個人に判断を委ねていたが、このメタボ検診ではそこから更に一歩踏み込んだ健康診断を実施するという事になる。
メタボ検診は、即命に関わるような病気を診断するものではない。
それ故に、実際に数値を突き付けられても「まあいいや」で済ませてしまう恐れが有る。
メタボ検診とは、それをできる限り回避する為の処置といえるだろう。

トップへ戻る