不眠症対策・興奮

不眠症対策として肝心な事をご案内してみたいとおもわれる。

 

昼間に興奮するような事をすると不眠に成るケースの場合がある。
興奮と云っても、仕事を根詰めてやったり、スポーツをしすぎたり等体にストレスと云う心理的負荷をつよく実感したりすると、心身共に興奮してしまうケースの場合がある。こういった具合に興奮した状態ではなかなかどうして寝付けなくなるパターンがおおく、安眠できなくなる。
普通、安眠出きている方なら1回くらいそうなっても大丈夫かも知れないが、自律神経失調症を煩ってる方、うつ病を煩ってる方等自律神経に負担がかかってるような人は交感神経が興奮してしまうように活発化するとなかなかどうして収まってくれない為、不眠もつづいてしまうと云う事に成る。
昼間に興奮するような事をしていたとしても、その胸がザワザワするような感覚を夜になっても実感してしまって収まらなくなる。

 

こういう状態に成ると脳が眠れない、休めない状態に成る。
不眠症になると云う事に成る。

 

改善策としては昼間可能な限り心身が興奮状態にならないように心掛ける事が肝心になってくるとおもわれる。

 

また、体を就寝する準備を早目にする事も肝心になってくるとおもわれる。普通不眠症じゃない人が就寝するぞと布団に入ると交感神経が活動を弱め入眠するのであるが、不眠症の人は交感神経が活動を弱める時間がものすごくかかってしまう為に、なかなかどうして寝付けなくなる。
であるから、脳を休ませる、体を休ませるのを早目に準備する為に息抜きするよう心掛けるようにする事も肝心になってくるとおもわれる。

トップへ戻る