≪予防医学と健康≫睡眠に関連した健康法について

≪予防医学と健康≫睡眠に関連した健康法について

≪予防医学と健康≫睡眠に関連した健康法について

自分の健康に気付かい、病気を寄せ付けない身体を作るために日々努力をしている人が増加している。
自分の身体は自分で守る時代になり、予防医学の肝心さが認識されてきている。

 

でも、予防医学を実践するのなら、毎日無理なく続けられて、習慣または慣例化しやすいものがいいものである。
ここで、毎日の生活の中、とくに睡眠に関連しての健康になれる工夫を紹介したいと思う。

 

1つ目は、つかれたときには思い切って昼寝をして欲しい。
昼寝には、たまった疲労感を回復させる力強い力が有る。
但し長く寝るのは生活のリズムを崩するので、20分から長くても1時間レベルに。
昼食後の時間が理想的な昼寝タイム(保育園で子どもが昼寝するのもこの時間)であるが、無理なら時間を見つけてちょっと横になるだけでも疲労回復の効果が有る。
2つ目は、寝る前と起きたときに軽く運動をしてみて欲しい。
あぐらをかいて深呼吸、両腕を上げてバンザイをする、立って前屈・後屈をする、首を回す、このレベルの軽い運動で充分である。
寝つきや目覚めがよくなる。
3つ目は、寝る前に5分レベル、足の裏のマッサージをすることである。
両足のかかと部分には安眠を促すツボがあるので、そこを指の腹で押してみて欲しい。
4つ目は、朝起きたら部屋の窓を開けること。
身体が活発に動くために必須な酸素を、一番に取り込んで身体も頭もシャキッと目覚めさせよう。
これ以外、寝るときは下着を着けないで寝ると皮膚呼吸が活発になるという話も有るが、これは慣れない人が実践すると、かえって落ち着かず眠れないようである。

 

何かを新しく始めるより、毎日の生活の中で、ちょっとだけ工夫をして変えてみるというやり方なら、いますぐにでもできそうだ。
自分と家族の健康を守るための習慣または慣例を始めて欲しい。

トップへ戻る