コンタクトレンズと角膜血管新生

コンタクトレンズと角膜血管新生

コンタクトレンズと角膜血管新生

この疾患はやや自覚症状がないのであるが、私はこれが一番怖いものである・・・・。
なぜかというと、「血管」が「新生」するからである。わかりにくいだろうか。
何もないところに血管ができるのである。
角膜には血管がない。であるから、酸素を補給するのは涙などを用いる。
この涙などが充分に角膜に行き渡らないときに、酸素不足に角膜は陥る。そしてそれを解消すべく、自ら血管を作り出すのである!
角膜の端から、中心にむかって血管がのびていくのである。
人間の体ってすごいものである。私はこの疾患の仕組みを知ったときに、人体の不思議を実感した。
ソフトコンタクトレンズ装用者に気のせいか多く、それは角膜を覆う面積がハードコンタクトと比較して大きいからではないかと考えられる。
そしていままでと同じく、酸素を目が欠乏しやすい状態にもっていく。
つまり、レンズの装用時間が異常に長かったり汚れがあったり。
原因は常に同じだ。
痛みも何もないためにわかりにくいものであるが、この状況にあるとコンタクトレンズ量販店でも売ってもらえないと思う。
治療としては、酸素不足が原因であるから、軽いケースの場合はソフトコンタクトを酸素透過性のハードレンズに変えるだけで解消される。
酸素が表面から補給可能になるため、血管は自然に枯れていくのである。
重いケースの場合でも、レンズの装用を中止すれば数週間から数ヶ月で血管は枯れる。
しかし重いケースの場合にコンタクトレンズを酸素透過性のハードに交換したとすれば、治癒には長い期間がかかる。
できるだけメガネで過ごしたほうが良い。

トップへ戻る