<花粉症の食事治療>効果ある食材

<花粉症の食事治療>効果ある食材

<花粉症の食事治療>効果ある食材

花粉症の症状緩和(かんわ)に効果のある食材が何種類かある。
これらの食材を気付く事で、花粉症の食事治療をただしく実践する事ができるのだ。
ここでは中国の食療学の経験と現代栄養学の資料により考慮された花粉症に効果のある何種類かの食材を案内する。

 

まず最初は「ハトムギ」である。
ハトムギは中国の医学書に脾の働きを活発化して、肺の働きを助ける機能があると記されている。
また体内の熱をアレンジして水液代謝をアレンジする機能もあるそうである。
こういった具合にして昔からハトムギは美容健康食品として扱われてきた。
現代栄養学的にもハトムギの成分の中には、免疫機能のアレンジとアレルギー制御効果がある事が理解出きている。
その為ハトムギは花粉症にも効果があるとされているのである。

 

次は「黒米」である。
中国では黒米は長寿米として認識されている。
栄養価が途方もなく高い米でミネラル分やアミノ酸も豊富に含有されている。
ミネラルやアミノ酸の働きに拠って免疫細胞の新陳代謝が誘われる効果がある。
よって免疫が出きる事により花粉症にも効果があるのである。

 

次は「海草」である。
昆布やわかめや海苔等には多量の食物繊維が含有されている。
また特別なアミノ酸であるプロリンやビタミンも豊富に含有されている。
その中でもスピルリナには免疫機能を高める働きがある。
抗がん機能もある健康にいい食品であるためである。

 

ここに記載したものはほんの一例である。
こういった具合に食材自体に免疫力のあるものを上手く使用して花粉症の食事治療を実践すると効果が発揮されるとおもわれる。

トップへ戻る