便秘の治療方法

個人で出きる一般的な便秘の治療法として「浣腸」がある。
浣腸にはグリセリンと云う物質が入ってる。
このグリセリンを直腸内に入れる事により刺激して便の排泄を誘うものである。
しかしながら浣腸は刺激が強すぎて入れるとすぐに排泄を催してしまう事がある。
また酷く(ひどく)なると寒気や吐き気等の症状がでる事もある。
浣腸で完璧に腸内の便を出し切る事は難しく、不快感が残る事もある。
あまりに浣腸に頼りすぎると体が慣れてしまって、毎回浣腸をしなければ便を排泄出きない体質に成る恐れもあるので注意して使わなければならない。

 

便秘のもう1つの治療法として「腸洗浄」がある。
これはその名の通り腸を洗浄する事で、完璧に腸の中にある便を排泄する事が可能となる。
ぬるい湯や生理食塩水等を腸内に注入して一緒に便を排泄させようとする方法である。
注入する用の器具は市販もされているので個人で実践する事もでくが、ドクター等にしてもらった方が腸内を傷つける恐れがなく安全である。

 

常習性の便秘の人は漢方等で治療をする事もできるのだ。
しかし殆どのケースの場合は生活習慣を変える事により回復させる事ができるのだ。
まず毎日1回は時間を決定させてトイレに足を運ぶようにする。
したくなくても毎朝おきたら絶対にトイレに行って努力してみる事が肝心である。
しかし過度の努力は痔等になりやすいので長時間座りつづける事等はやめよう。
あとは運動をして腹筋を鍛え上げる事である。
便秘症の人はチャレンジしてみてほしい。

トップへ戻る