ダビング10の内容について

ダビング10の活用範囲は、基本的には地上波の全部の放送と云う事に成る。
例を挙げると、NHKの「ニュース7」にしても、NTVの「行列の出きる法律相談所」にしても、CXの「めちゃ×2イケてる!」にしても、TBSの「サンデーモーニング」にしても、ANBの「ぷっすま」にしても、テレ東の「開運! なんでも鑑定段」にしても、そして各地方のローカル番組にしても、全部が対象の範囲となる。

 

更に、BSデジタル放送にかんしても、無料放送にかんしてはダビング10が活用される予定である。
他方、WOWOW、スターチャンネル等と云った有料放送にかんしては、ダビング10ではなくコピーワンスが起用される予定である。
つまり、1回のムーブしか実行できないと云う事に成る。

 

更に、ダビング10にかんしては、HDDレコーダーやパソコンHDDへのデジタル放送録画にかんしても活用される。
ワンセグ放送にかんしても同様である。

 

現状、地上波放送がみられるのはテレビだけ、と云う時代ではないのである。
パソコン、携帯電話でも放送がみられる時代である。
専用のチューナーさえあれば、PSP等のゲーム機でも観る事ができるのだ。
既に、テレビは壁にかけられる極薄の物か、持ち運び出きる携帯性の高い物か、大画面の迫力ある物かの3択になりつつある。

 

その中で、地上波放送を観る環境と云うのも、昔と比較して途方もなく変わってきている。
それは録画にかんしても同様である。
べんりな機能がつけばつくほど、好きな時間に観る事の出きる録画機能を重宝する人が増大すると云うものである。
であるから、ダビング10には大きな注目が必然的に集まるのである。

 

世俗に有益な話柄

トップへ戻る